不思議な夢の話です


みなさん、こんにちは(^^)/

この前、ちょっと不思議な夢をみたので書かせていただきますねー。うまくイメージが伝わらないかもなので、なんとか想像力を高めてイメージしてくださいね(^_-)-☆

まず、海の中ということで本当に海中を泳いでいるんです。それは泳いでいる自分を見ているんじゃなくて、はじめは視界の前方を見ている感じです。そして海底の砂が見えたので、這うように泳いでいきます。

少しすると、白い蛇が現れまして、けっこうな大きさのさなのですがその蛇を追いかけます。しばらくすると、こんもりと砂が盛り上がった感じのところにきまして、蛇がその先に行こうとしたので渡しもそれについていくのですが・・・

なんと、その先はなんと言ったらよいのか、ものすごく開けていまして、海の中なのに遠くに雲があってその雲は黄金色で、私はまだ泳いでいるのですが、海底には古民家?みたいな藁ぶきの家が何件かあります。

白川郷ってご存知ですか?あそこに建っている古民家のような感じです。そんな感じなので空中を泳いでいるような感じなのですが、下をよーく見ると古民家の横で合わせたかのように昔風の服をきた人が笑いながら手を振っているんです。

わー・・・すごいなー・・・なんて思っていると、黄金色の雲とは別の方向になんだか黒いものが渦巻いているというか思いっきりやばい感じのものが遠くに見えます。そっちへ行ってはダメだと誰かが言ってくれたのか感じたのか、とにかく眺めるだけにしました。

しばらく泳いでいると、下に降りて温泉にでも入れるんじゃないかって、思いっきり現実的な考えがよぎりまして、降りたところで目が覚めた記憶があります。今でもよーく覚えている鮮烈な夢でした。

あくまでも私のこじつけですが、あれって天国と地獄の間みたいな感じで、黒い渦巻いているほうに行ったら私・・・どうなっていたのかな(´・ω・`)なんてたまに思います。よく白蛇は幸運をもたらすとか言うじゃないですか?

とりあえず今のところ目立った幸運はやってきていません(^-^;